香典返し・ご挨拶状ヘッダー香典返し・宅配アイコン香典返し・欠礼葉書香典返し・自宅用バッグ

お香典返しをする時期の目安

仏式葬儀・お返しの時期目安 神道式・お返し時期の目安 キリスト教式・お返し時期の目安  掲載の内容について

お香典返しの時期(仏式)


ご逝去の日を含めて四十九日目まで。故人があの世に旅立たれるまでの期間を忌中と言います。また故人が生と死・陰と陽の狭間にいらっしゃるため中陰(ちゅいん)とも呼びます。

ご逝去から五十日、故人があの世に旅立たれるをもって忌明けとなります。(また中陰が満ちるという意味で、満中陰とも申します)

一般的にはこの四十九日(七七日忌)の忌明けに、お礼の挨拶状と共にお返しの品を送ることが多いようです。
掛け紙の例:七七日忌明志 満中陰志 忌明志

また三十五日(五七日忌)をもって忌明けとし、お返しをする地域もございます。
掛け紙の例:五七日忌明志、忌明志

仏式忌明けまでの簡易図

なお忌明の後も下図のように百ヶ日、年忌と法要は続くわけですが、その中でも特に百ヶ日(百箇日)の法要は、卒哭(そつこく)とも申しまして、大切な方との別れに哭く(なく。慟哭のこくです)のを卒業するご縁とする考えがあります。この大きな節目の法要後にお返しする地域もございます。

仏式忌明けまでの簡易図

なお年忌法要に関しては、一般的なご家庭では親類縁者の皆さまをお招きするのは三回忌までで、その後はご家族で供養される事が多いようです。

お返しの時期(神道式)

神葬祭では、ご逝去の後、五十日まで十日目毎に神職(しんしょく)を招いてまつりを行います。毎十日祭(まいとうかさい)と言います。

仏式の忌明けにあたるのが五十日祭(ごじゅうにちさい)です。本日で喪(も)が明けることを知らせる忌明(いみあ)けの祭りで、これを終えて平常の生活にもどります。


また五十日祭の後に、故人の霊をそれまでの仮霊舎(かりみたましゃ)より祖先をまつる祖霊舎(それいしゃ:一般のご家庭では神棚であろうと存じます)に合祀(ごうし)する合祀祭を行いますので、大きな節目となります。

一般的にはこの五十日祭にご挨拶状と共にお返しの品を送ることが多いようです。
掛け紙の例:五十日祭偲び草、しのび草、志

地域によっては三十日祭、百日祭(ひゃくにちさい)にて返礼品を送る所もあります
掛け紙の例:三十日祭偲び草、しのび草、百日祭志

神道式忌明けまでの簡易図

その後御霊祭は、下記が一般的かと存じます。

神道式忌明けまでの簡易図

なお一年祭までは神葬祭の延長とする考えもあり、一年祭の後故人の霊は祖霊(それい もしくは、みおやのみたま:文字通りご先祖さまの霊です)として祭られるとし、一年祭にてお返しの品を送る地域もございます。
#一年祭志、偲び草

キリスト教式お返しの時期(キリスト教)


キリスト教の葬儀では仏、神道のお香典、御玉串料にあたる風習がありませんので、返礼品を送るという作法は本来ありません。

ご逝去三十日後、あるいは一年後の昇天祭(昇天記念日)等の節目の追悼ミサの後に、ご自宅などで故人を偲ぶ茶話会などを開かれることが多いのですが、この際記念品をお渡しすることはございます。

ただ日本では文化的な風習から、お花代(仏でいうお香典)を持参される参列者様もおられますので、そういった方へお返しとして品物を送られるケースはございます。

お返しをする時期としては、やはり昇天祭などの節目を目安にされるのが良いかと存じます。当店ではキリスト教葬儀のお返しの御挨拶状もご用意しております。
掛け紙の例:昇天記念、偲び草


本ページの文書について

葬儀の作法、お香典返しの風習は宗派、土地柄によって千差万別です。こちらの文章はあくまで一般的な目安としてのもので、宗教観、用語用法などでご無礼の段がありましたらお許し下さい。