香典返し・ご挨拶状ヘッダー香典返し・宅配アイコン香典返し・欠礼葉書香典返し・自宅用バッグ

お香典返し・お返し金額

お香典返し返礼品・忌明け返礼品はご厚志の半分を目安に

いただいたお香典金額(神道では御玉串料。キリスト教では御花料と呼びます)の半返しが一般的です。
お香典が一万円でしたら、五千円程度の品がお返しの目安となります。

また故人が一家の大黒柱(働き手)であった場合は、お返しの金額を少し差し控えて、三分の一を目安にする場合もあります。

供花・お供え物、即日返し品に関して 

特に親しくお付き合い頂いてた方からは、お香典の他にもご丁寧に供花やお供え物(果物籠盛など) を頂戴することもございます。この場合その金額もお香典に加味して、お返しをされると丁寧かと存じます。
#供花、籠盛の金額は通常一万円〜二万円くらいです。これをお香典の金額に加算して考慮します。

近頃は葬儀参列の方にその場で粗品(粗供養品)をお渡しするケースが多いと存じます。当日返し、代非時などと申します 。 粗供養品の価格は500円〜3000円と地方によっても様々ですが、忌明返礼をされる場合は、この金額を考慮するのが一般的です。

#2000円の即日返しの品を用意した場合、お香典を5000円頂戴した方には既に約半分の返礼が済んでいるので
#返礼品を送らなくても失礼にはあたりません。*ただ忌明けのご報告(お手紙など)は差し上げましょう。

#上記の例で10000円のお香典を頂いた方は、半返しに少し足りておりませんので、改めて返礼品をご用意します。

身内の方・ご親族へのお返し 

身内の方、ご親族から頂いた高額お香典には三分の一、四分の一のお返しが目安となります。
お香典が高額なのは、親族としてのお気持ちが込められているわけですから、有難くお気持ちをいただきましょう。
#一般的に五万円を超えると高額のお香典と考えてよろしいかと存じます。

★このページの内容は、あくまで一般的なものです。返礼品の作法は地方地域、あるいは町単位で伝統や取り決めが
★ある場合もございます。迷われたら葬儀を取り仕切った方(葬儀委員長などと申します)、地域のご年配の方に
★お尋ねするのも良いかと存じます。

参考・年忌法要の引出物について 

百ケ日法要、一周忌、三回忌などでご親族をお招きする際は、お供えなどを頂きますので、粗品を用意します。
法要が終わった後で手渡しするもので、お菓子などがよく利用されます。金額の目安としては二〜三千円程度です。
年忌法要をご家族だけで施される際は、もちろん必要ありません。