香典返し・ご挨拶状ヘッダー香典返し・宅配アイコン香典返し・欠礼葉書香典返し・自宅用バッグ

お香典返し・掛け紙(のし)一覧

掛け紙(熨斗)の種類

仏式のし 銀黄水引のし
仏事専用掛け紙(のし)
水引は銀白のあわじ結び(鮑結び)。結びきりの発展系の結びです。仏式にもさまざな掛け紙がありますが、最も一般的なものです。
神道・キリスト教用掛け紙(のし)
水引は銀黄の結びきり。神道・キリスト教で使います。
西日本では仏式でこちらの掛け紙を使う地域があります


#弔事に熨斗(のし)は用いないため正しくは掛け紙と呼びますが、
#一般的な呼称を考慮して「のし」と表記しております。

仏式忌明のお返し・掛け紙(熨斗)の作法 

画像クリックで別ウィンドウの拡大画像が表示されます

香典返し・のし・仏式一般書式 カード式御挨拶状サンプル
最も基本的な書式です。忌明けに際して返礼品(志)を贈るという意味です。右の様に志のみでも問題ございません。
お名前の部分は姓名の姓(名字)を書くのが一般的ですが、近頃は喪主さまのフルネームが多くなって参りました。

七七日忌明志・のし 満中陰志・のし 香典返し・五七日忌明志のし
より詳しい表書きにされる場合は、左の様に○○日忌明志とします。(例は四十九日の場合)
中央は関西地方でよく使われる言葉で、四十九日忌明の替わりに満中陰と書きます。
また故人のお名前、喪主との続柄を付記しています。最も丁寧な書式です。
右は故人のお名前をご戒名にする書式です。(例は三十五日忌で忌明をされる場合)


仏式掛け紙(のし)・書式の基本
香典返しのしの書き方基本

■表書き
忌明志、志が一般的で基本の書式となります。
七七日忌明志、五七日忌明志、満中陰志など、
忌の詳細を書き添えると より丁寧になります。

その他の言葉:尸揚志(しあげ・し)、粗供養

■表書き2
故人の俗名、喪主様との続柄。
またご戒名などを付記しますと最も丁寧な形になります。

なお故人のお名前(俗名)と戒名は併記しません。
お名前が二つ重なることになります。ご注意下さい。

■お名前
喪家の名字。喪主のお名前(フルネーム)が一般的です。
最近は喪主のお名前が多いようです。

 

参考(年忌のお返しの際の掛け紙例)

三回忌志ののし より丁寧な年忌ののし
左:三回忌にお集まり頂いた方への返礼品用の熨斗。志だけでも問題ありません。
右:故人の俗名を添えた書式です。また関西方面では志ではなく、粗供養と書く地域もございます。
いずれも忌明返礼品の場合と基本書式は同じです。

神道式・忌明のお返し・掛け紙(熨斗)の作法 

画像クリックで別ウィンドウの拡大画像が表示されます

神式・香典返しのし 神式のし・基本形2
最も基本的な書式です。神道式では偲草(しのびぐさ)という言葉が一般的です。右の様に志でも結構です。
偲草には、故人を偲び追慕する気持ちを粗品に代えてという意味合いがございます。
お名前の部分は姓名の姓(名字)を書くのが一般的ですが、近頃は喪主さまのフルネームが多くなって参りました。

神式・香典返し・のし参考 神式・参考のし2
より詳しい表書きにされる場合は、左の様に霊祭の詳細を付記します。(例は五十日祭の場合)
右は故人の諡名(おくりな:仏式でいう戒名)を書き添える書式です。最も丁寧な書式です。
諡名(おくりな)は、故人名・命之霊という書式が一般的です。
なお偲草は、偲び草、しのびぐさと書いても構いません。

神道式掛け紙(のし)・書式の基本
香典返しのしの書き方基本

■表書き
偲草、志が一般的で基本の書式となります。
五十日祭、三十日祭りなど、霊祭の詳細を
書き添えると より丁寧になります。

■表書き2
故人の諡名(おくりな)を付記しますと最も丁寧な形になります。
「故人名・命之霊」が一般的な書式です。

男性の場合は故人名・大人命(うしのみこと)、
女性は故人名・刀自命(とじのみこと)の場合もあります。

#諡名(おくりな)は、霊璽(れいじ:仏式で言う位牌)に
#書かれております。
#必ずそちらに合わせてご用意します。

■お名前
喪家の名字。喪主のお名前(フルネーム)が一般的です。
最近は喪主のお名前が多いようです。

 

参考(年祭のお返しの際の掛け紙例)

神式年祭のし1 神式・年祭のし2
左:一年祭にお集まり頂いた方への返礼品用の熨斗。志だけでも問題ありません。
右:三年祭の例です。より丁寧するなら、諡名(おくりな)を書き添えましょう。

キリスト神式・忌明のお返し・掛け紙(熨斗)の作法 

キリスト教は、本来忌明けのお返しの習慣がありませんが、節目にあたってお返しをされるのでしたら、
下のような書式が適当かと存じます。

キリスト教のし1 キリスト教のし2 カード式御挨拶状サンプル

神道式と同じく故人を偲び追慕する気持ちを粗品に代えてという意味合いを持つ偲草。粗品などが適当です。
また昇天ミサの後の茶席などでお配りになるのでしたら、昇天記念も無難かと存じます。
#掛け紙、水引は日本の風習ですので、お礼の言葉を記したメッセージカードのみを同封される方もおられます。